【年齢退行療法】

過去の記憶を辿るセラピー

b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_s

あなたが今抱えているお悩み…

 

その原因は

何歳の頃、何をしていた頃に

あると思いますか?

 

「25歳の頃に働きすぎて…」

「35歳の頃に環境が変わって…」

 

意識上に浮かんでくるほとんどは

大人になってからの記憶かもしれません。

 

しかし、

”潜在意識が認識している原因”

多くの場合、10代の前半まで…

またはもっと幼い頃にまで遡ります。

 

ケーススタディ 30代 女性 Aさん

うつ病になったのは、

仕事にも慣れ、後輩も増えてきた29歳の頃。

cdce98519c99f356f2404a11491ac46b_s

 

責任のある仕事も

任せてもらえるようになってきた。

やりがいも感じる。

 

元々、責任感が強く、

学生時代から人一倍頑張ってきた。

 

人に何か物事を頼むのが苦手で、

しんどくても全部自分でこなしてきた。

 

「自分でやりなさい!」

「お姉ちゃんなんだから弱音を吐かないの!」

「あなたなら出来るわよ」

と両親から言われて育ち、

 

甘え上手の妹とは対照的に

私は甘え下手で、

人に相談することも苦手だった。

 

 

ある日、私は

仕事上での大きなミスをきっかけに、

精神的に落ち込み、

身体の不調も感じるようになった。

 

「しばらく休みたい」

 

と会社にお願いした時点では、

1年間も体調が戻らず、

退職するとは思ってもみなかった…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Aさんは休業中に

当院に、うつ傾向と併発するめまいを主訴として

整体施術を希望で来院されました。

 

普段から、

とても細やかな気配りをされているのだろうなと

見てとれるような方です。

 

仕事場の環境や家庭の環境、

将来への不安、ご自身の性格…

 

様々な要因が重なって

うつ病を発症したのでしょう。

 

 

Aさんに対して、当院で行った施術は

初めの数回はヒプノ操体

 

そして、

ヒプノセラピーによる年齢退行療法でした。

 

色んなお話を聞かせてもらう中で、

Aさんの人生好転の鍵は、

・過去の記憶の中にある

・幼少期に形成された性格にある

と感じたからです。

 

年齢退行セラピー

トランスに誘導し

年齢を遡り、

過去の自分を再体験します。

 

そして、

過去の自分を”今の自分の視点”で

客観的に見ていきます。

 

1c4c163dee83c764d82e8b6ce5667679_s

 

10歳の頃…

目を離した隙に、2つ下の妹が

迷子になってしまい、

お母さんにめちゃくちゃ怒られた。

 

6歳…

両親が妹ばっかり可愛がって(いるように思えて)、

自分の居場所を確保するためには

「しっかりもの」という

役割でいるしかなかった。

 

2歳…

妹が生まれてとても嬉しい。

その反面、

両親を取られたようで悲しい。

 

そんなシーンを

再体験していきます。

 

そして、

大人になったAさんが

その状況を見ます。

 

…ん?こうやって見てみると、

 

大人になり、妹の面倒を見なくてもよくなった今

弱音を吐くぐらい、別に良いんじゃないか。

 

今後も、親に頼るのは難しいかもしれない。

だからと言って、友人や同僚に頼れない理由はないな。

 

Aさんは、過去を再体験し、

客観的にも見ていくことで

そんなことに気づき、学びを得られました

 

潜在意識下での学びは

そのまま心の深層に定着します。

 

Aさんがこのセッションをお受けになった時は、

すでにうつ症状の大半は改善されていた頃だったので、

 

セッションによって

「症状が劇的に改善した」

ということではなかったのですが、

 

Aさんにとって、

今後の人生においての

とても大きな気づきだったようです。

 

後に

「良い意味で”いい加減”になれました」

「新しい仕事にも慣れてきましたよ」

と笑ってお話ししてくださいました。

 

 

おとなになったあなたなら

53873c3477a7033ecfa58720ff58564b_s

子どもの頃に通った建物、

例えば、小学校や近くの公民館に

大人になってから行ってみた時…

 

「こんなにも小さかったんだな」

「天井低いなー。机小さいなー」

 

と感じた経験はありませんか?

 

おそらく、子どもの頃には

とても大きなものとして

認識していたはずです。

 

それと同じように、

子どもの頃にはとても大きく感じた問題や、

未成熟ゆえに対処できなかった未処理の問題

というものは実に多く存在します。

 

それらが、おとなになった今も

”とても大きい、太刀打ちできない問題として”

こころの深層に根付いたまま

なっているのかもしれません。

 

年齢退行セラピーによって、

過去の記憶を探り、客観視することで、

 

大人になった今のわたしなら

うまく対処することができる

ということに、

潜在意識の中で気付くこと

 

そうすることで

こころの深層をクリーニング

することができます。

 

 

大切なことは

年齢退行セラピーを施術していると、

『それって、本当に過去の記憶なの?』

というお声をいただくことがたまにあります。

 

でも実は、問題の解決において、

蘇った記憶(イメージ・映像)が

・本当の記憶なのか

・創作されたイメージなのか

という検証は

そこまで重要なことではありません。

 

そもそも人の記憶というものは

非常に曖昧なものです。

 

大切なことは

目の前に現れた脳内の記憶(イメージ)から

何に気づき、何を学ぶことができるのか

ということだけなのです。

 

現在の身体的症状や

恐怖症やトラウマ、

ご自身にとって不都合な性格…

 

年齢退行療法は

様々な好転のきっかけになれる

大きな可能性を秘めたセラピーです。

 

 

一歩ずつ前進していくこと

babb03961a4dc50b0e5b4f812622c92a_s

過去の出来事(記憶)によってつくられた

心の傷や抑圧は、

瞬間的に完治させようと無理するものではありません。

 

今まで抱え込んできた悩みの年数だけ

改善には時間がかかるので、

10年悩んできたのなら、改善に10年を要します…

とは言いませんが、

一瞬で悩みが吹っ飛ぶものでもありません。

 

妥当なラインを

あなたと私(セラピスト)で

一緒に探りましょう。

hs%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

☆HSAのFacebookページに
『いいね」を押していただくと、
最新の情報が届きます。

2016-04-29 | Posted in セラピーについてNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment