【ゲシュタルト療法(エンプティチェア)】

99d904746b1183fd2b585a7f5e0c0ebe_s

ゲシュタルト療法の代表的なワークでもある

エンプティチェアワーク。

 

エンプティ = 空

チェア = イス

 

「空のイス」

 

エンプティチェアワークとは

どんなセラピーなのでしょうか。

 

感情を吐き出す

エンプティチェアワークは

主に、誰か特定の人に対する

思い入れや感情(苦痛・憧れなど)が強い場合に

行っていきます。

 

①普段は口に出せない、内に秘めた感情を吐き出す

②あの時言えなかったこと(感謝・意見)を言う

③相手の気持ちを理解する

 

そんな時にとても有効なワークです。

 

 

社会生活において

すべての感情を表に出せる訳ではありませんし、

 

言いたくても言えないことや言えなかったことは

どなたでも抱えていると思います。

 

エンプティチェアワークでは、

イメージを使って、

あなたが話したい人(問題解決の鍵を握る人)を

目の前に呼び出し、お話をしていきます。

 

そうすることで

新たな視点が生まれたり、

大きな気づきを得られる場合があります。

 

伝えたいこと

感謝を伝えられないまま

亡くなってしまったお母さん

 

学生時代に喧嘩して以来

ずっとモヤモヤした感情が残っている友人

 

聞き分けのない上司や

話の通じない部下

 

もう、とにかく嫌いな姑

 

エンプティチェアワークにおいて

お話をする相手は様々です。

 

場合によっては、

自分の身体の一部や過去の自分

 

ペット、大切にしていた物

とお話をされる方もおられます。

 

伝えたい感情や湧き出てくる感情も

感謝・好意・尊敬といったものや、

苦言・怒り・嫉妬といったものまで

実に様々です。

 

あなたの頭の中・記憶に存在するその人を

催眠状態で呼び出し、

伝えたいだけ思いを伝えて

吐き出したいだけ感情を吐き出しましょう。

hs%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

☆HSAのFacebookページに
『いいね」を押していただくと、
最新の情報が届きます。

2016-04-28 | Posted in セラピーについてNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment