操体法とエリクソニアンアプローチ|大阪・神戸のヒプノセラピー&整体スクールHs

hsヘッダー6

 

HypnoSotaiとは、

 

ヒプノ = 催眠療法

操体 = 操体法

 

を意味しております。

 

でも、これは

それぞれのテクニックを使うことだけ

を意味している訳ではありません。

 

ヒプノセラピー(エリクソニアンアプローチ)の哲学

操体法の哲学

 

テクニックにこだわるのではなく

それぞれの哲学

重んじて構成したセラピーなのです。

 

このページでは、

エリクソニアンアプローチと操体法

の共通点を私なりにまとめてみました。

 

今回はパート①です。

 

目次

  • 内的なリソースによって回復する
  • 自分のスタイルを確立していくこと

 

内的なリソース(資源)によって回復する

『その人が持つ潜在的な力を信じる』

『改善のためのリソース(資源)はその人の内側にある』

 

≪患者さんが自分の力で治っていってもらうための関わり≫

 

これは

エリクソニアンアプローチと

操体法の共通する考えであり、

 

HypnoSotaiにおいても

もっとも重要な考えです。

 

患者さん(クライアント)本人が

元々持っている

回復力や潜在的なパワー、才能・可能性

というものに気付いてもらう

お手伝いをセラピーなんです。

 

回復する力は誰にでも

元から備わっています。

 

そこに気付いてもらうだけで

十分なんです。

 

 

操体法創始者の

橋本敬三先生の有名な言葉に

「”治療”なんて下の下だ」

というものがあります。

 

治すのはセラピストの仕事ではありません。

 

患者さん(クライアント)本人の仕事です。

 

我々ができるのは、そのお手伝いだけ。

 

 

自分のスタイルを確立していくこと

自分のSotaiをやる

『今先生に教わった操体法をやってます!

とかって言ってちゃダメなんだよ。

自分なりの操体、

西田さんのSotaiをやんなきゃ』

 

これは操体法の師匠から

いただいたお言葉です。

 

また、

尊敬する操体の大先輩からは

 

『今先生や私から得たものを踏み台にして

さらに自分の世界を表現して行ってくださいね。

操体の師匠や先輩方に対する遠慮は要らないからね。

それが操体だって私も今先生から教わったので。

それで、気づいたことをまた教えてくださいね』

 

というメッセージをいただきました。

 

こんな素敵なお言葉をかけてくださる方々が

操体の場にはいます。

 

 

操体法という

手技療法があります。

 

操体という生き方・哲学があります。

 

そして、

操体を自分なりに表現することもSotaiなんだ

ということ。

 

私なりに操体を表現したものが

こころとからだを繋ぐセラピー

HypnoSotai だった

ということですね♪

 

自分なりのエリクソニアンアプローチ

『エリクソン催眠を教えることは

ミルトン・エリクソンにしかできない』

 

≪ミルトン・エリクソン博士のご息女≫

ロクサーナ・エリクソン博士

 

≪エリクソン財団のキーパーソン≫

ダン・ショート博士

 

『私たちが研究し、お伝えしているのは

エリクソン”派”の催眠(心理)療法である』

 

ということを

お二人がおっしゃられていました。

 

エリクソン派である

ロクサーナ・エリクソンのヒプノセラピー

 

エリクソン派である

ダン・ショートのヒプノセラピー

 

そして、

エリクソン派である

あなた(私)のヒプノセラピーなんだ

ということ。

 

 

エリクソン派のセラピストの中でも、

それぞれがセラピーにおいて重要視する部分や、

催眠の定義、セラピーの手法は様々なんだそうです。

 

意見が相違して

ディベートする事はしょっちゅうなんだとか。

 

そして、そうやって

お互いに高め合っていくのでしょうね。

 

 

・ユーティライゼーション(利用的)

・許容的暗示

・ミルトンモデルと言われる言語

 

エリクソニアンアプローチおける

これらの手法はとても素晴らしいものです。

 

クライアントを尊重し、

無意識の力を活かすことができます。

 

しかし、

手法・テクニックだけを真似ても

あまり意味がないと私は思っているんです。

 

 

エリクソンの哲学や理念。

 

それらを踏まえて、

自分でどのように昇華させるかが

大切なんです。

 

ロクサーナ・エリクソン博士はこう言いました。

 

『あなたなりの、独自の

エリクソニアンアプローチを

つくっていきなさい』

 

どこかでも聞いたような…

 

とても、ありがたいお言葉です♪

 

 

HypnoSotaiとして

操体の哲学

エリクソンの哲学を重んじて

構築しているのがHypnoSotaiです。

 

HypnoSotaiを学ばれる方々が

自分自身のHypnoSotaiを

見つけられるように。

 

私自身も

日々研究に励みたいと思います。

 

 

関連記事

操体法について

 

 

hs%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

☆HSAのFacebookページに
『いいね」を押していただくと、
最新の情報が届きます。

2016-06-08 | Posted in ヒプノ操体とは?No Comments » 

関連記事

Comment





Comment